Mercurial

Subversionが安定して動くようになって以来、バージョン管理システムの動向は気にしていなかったのだけど、最近分散型バージョン管理システムが熱いらしいのでちょっと調べてみた。

なんか比較説明を見ていたら、Mercurialがいちばんよさげ。Haskellで動いているdarcsとか格好いいんだけど常用するツールとしてどうかと問われるとちょっと引かざるを得ない。ちゃんとした理由があるわけじゃないけど;

というわけで、Mercurial使ってみました。使い方は簡単で、インストールの後バージョン管理下に置きたいディレクトリで

$ hg init $ hg add $ hg commit

と打つだけ。subversionみたいにサーバでリポジトリを作ったり云々は必要ない。

分散して動作する云々より前に、別の場所へのバックアップをあえて作る必要がないようなちょっとした時に簡単にバージョン管理ができるのがとってもありがたい。リポジトリがローカルにあるからネットワークにつながっているか否かも気にする必要ないし。

しばらく使ってみようと思う。