おひさしぶり

です。はい。日記をしばらくサボってましたとさ。

ここしばらくのまとめ

・日本語の学会に予稿を出しました(2月頭)

学会とかいうものには行った事もないし、何かいていいのかぜんぜん分からないけどとりあえず何か書きました。

・で、卒論提出(2月頭)

↑の翌日に卒論提出。

英語で40ページちょい(くらいだっけ?)。内容よりむしろ英文法をいっぱい先生に添削される。

 「まだ直そうと思うだけマシですよ。自分で書いちゃおうと思うこともありますから」

とか励まされながら修正。英語できないのまずいなぁ・・・。

・で、卒論発表(2月中旬)

あんまりマジメにプレゼンしたことないんだよな・・・。で、とりあえずプレゼン。

卒業できることになったらしいです。怒りのこもった質問とかもなかったし、まぁいいことに。

・で、海外の学会に予稿を出す(2月末)

いや、ムリじゃない?できるだけのことはしようと思ったけど、時間足りなかった気がする・・・。

・で、もいっこ出す。ワークショップの予稿(3月頭)

こっちがなんとかなってくれるとうれしい。一番最後に書いたやつだし、一番まとまってるかも。

英語もうやだ。

・さいごに、日本語の学会で発表(3月中旬)

自分のやったことをマジメに発表するなんてはじめてです。身内以外の人が聞いているプレゼンの経験はあんまりないんだよなぁ。

名前を聞いたことあるような人達(?)が質問してくれました。

 質問してくれる←発表は最後まで聞いてくれた←内職するよりは聞いてやろうと思ってもらえる発表だった

ということで、ポジティブに受け取っておこう。

あとはバイトとか?バイトかどうかよくわからないけど、

このニュースに載ってるアプリの1つつくりました。ちょっとうそ。2人で分担だったけど、相方のほうがだいぶたくさん働いてくれてました。ウン千万円なんていうお金が動いてる世界をはじめて見ました。ぼくの手元にはぜんぜん来ないのが不思議。

もうベンチャーはいいや・・・。ベンチャーとかでは、実力のない人は負けるのは事実だと思う。でも、実力あれば勝てるってわけじゃない印象。運が必要なんだね。たぶん。でも、運に左右される世界にはいたくないかな。

ってことで、研究は学校でやるからいいとして、実社会に役立つものづくりの感覚をバイトで知っておきたいーというわけで、4月からまた普通の企業でバイトすることに。お金をもらえるだけじゃなくて、なにか有用なことを学べるバイト先がいいです。一石二鳥で。