福田官房長官 辞任

かなりおいしいタイミング。

年金については、問題視されながらも福田さん個人に強く辞任が求められていたかというとそうでもない。

むしろ、あれだけの閣僚を辞任させるわけにいかないから、全員辞任しないというのが現実的という状況だった。

そして、民主党党首の管さんが辞任しない意志を表明した直後に自主的な辞任の表明。

セコイまねするなーと、思っても、印象として、後から辞任を求められていくであろう管さんよりもずっといい。

しかも、政治生命にかかわるようなミスともいえないから、今回辞任していいイメージを与えておいて、秋の選挙以降にまた適当なポストに戻ることもできる。

あっぱれ。