Lord of the Rings

22 Feb
映画を見た。またDVDで。世の中では、ロードオブザリングPart2が話題になっているようだけど、Part1を見た事のないぼくには何の事だかさっぱりです。というわけで、Part1を見た。 おもしろいといえばおもしろいけど、今回のだけじゃ旅の途中で映画が終わってるって感じで全然気分が晴れない。むしろ、3時間もあったから、見終わったっていう達成感があった。 さてさて、なんかトンガリ帽子をかぶった変なおじいさんが言ってた言葉が「おぉ!」と思えた。たしか、 不幸な目に合った時、「どうして不幸な運命なんだ?」と考えるより、今何をすべきかを考えろ。...
Read more »

バイト初日

20 Feb
某こんぴーた雑誌編集部でのバイト初日だった。 行ったら取材で担当者不在・・・。しばらくして、とりあえず編集部内に通される。で、また待たされて、書類を書いて、仕事開始。 机の上に散在するビデオカードを、床に散在する箱に入れるというもの。どれもこれも似てて神経衰弱っぽかった。 それから、マザーボードの設置をやったけど、問題があって動かない。ハードに弱いぼくには原因など分かるはずもなく、一緒に行った友達と立ち往生。その後もいろいろ。 変に長引いちゃって、バイト終えたのは10時。家に帰ったら11時近かった。...
Read more »

プライベート・ライアン

19 Feb
映画「プライベート・ライアン」を見た。もちろんレンタルで借りてきてだけど。正直いって、なにを言いたいのかよく分からなかった。気持ち悪いような痛々しい負傷のシーンもあるし、人が死ぬシーンはそれこそ死ぬほどでてくる。何ガイイタイノ? 映画の内容も、最後の大尉の行動の意味分からん。 それはさておき、ちょうど映画の真ん中くらいにでてくる大尉の「ボヤき」が気になった。だいたい、こんな感じ。 「私が部下の命を失ってまで助けようとしている奴は、10人分、いや20人分の価値のある奴でなきゃ許さん。難病の治療薬を開発するとか、切れない電球を発明するとか・・・。」 ぼく自身、他の人に迷惑をかけたり、わざわざ何かをしてもらったり、他人のいろんな形での犠牲の上に生活している。ってことは、それだけの価値のある人じゃなきゃいけない。・・・っていうのを改めて思い直した日でした。 おまけ: SPAM検出ャtト(SPAMCOP)が完成に近付いてきました。あとはいろいろ実験を繰り返してちょこちょこ改善をするだけです。で・・・、使ってみてくれる人を募集中です。 ・Windowsを利用してる ・POPメールを使っている(ブラウザで見る奴じゃない、Outlookとかで使う標準的なメール) ・SPAMメールが1日1通以上来る...
Read more »

某編集部にて面接

7 Feb
バイトをしようと、クラスの友達と一緒に某パャRン雑誌の編集部に行った。 まず、アルバイトの案内をしてくれた人に会って、その後編集長(代理??)と話した。 なんか、すごい明るさ・テンションの人だった。(こっちが緊張しないように気を使ってくれたのか?) いつの間に面接に合格になったのか知らないうちに、IDカードを作るとだか、写真を撮るだとかいってた。ていうか、カードもその場でとってきてくれて、写真も急きょデジカメ持ってきて撮ってくれた。なんか、思いつきで全てが進んでるみたいで面白かった。...
Read more »

スペースシャトルが空中分解した

2 Feb
昨夜、スペースシャトルが空中分解した。着陸嵐闔檮?5分前にテキサス州上空で分解、燃えた。テレビでは炎上するシャトルの映像が繰り返し放映された。 なんか、すごいショックだった。7人の乗組員が亡くなったというだけではないショックだった。何千人という優秀な技術者が努力しているというのに、それが大惨事を防げなかった。なんか、人間がそこまでの存在だって気がしたのかもしれないし、ある意味で科学技術の象徴みないなものを壊されたから科学の可能性を信じる者としてショックだったのかもしれない。 今後、原因究明が行われていって、きっと何らかの形での「人災」であることが明かになるだろう。ほとんどの運行がコンピュータによる管理であるスペースシャトルがほんの僅かな人間管理の局面を狙って事故を起こしている気がする。...
Read more »