JJUG CCCで発表してきました

25 Apr

kzk先生のご紹介で、日本Javaユーザー会主催のクロスコミュニティーカンファレンスなるところで、Hadoopに関する発表をしてきました。

Javaを使う機会は少ないので、恥ずかしいことにこんな会があること自体知らなかったのだけれど、知らない世界を見ることができて楽しかったです。

もともとJavaがエンタープライズで花開いたこともあって、エンタープライズでの利用に関する視点での話が多く、その視点での知識がほとんどないぼくには勉強になりました。データベースを中心に設計されているシステムをいわゆるCloudに移行するためには、データベースを分散可能な形にしないといけない。でもエンタープライズではACIDのトランザクション特性が本当に重要な場所も多かったり、また本当は重要ではなくてもその特性を利用してシステムを作ってしまっているため移行はなかなか難しい。みたいな。

でも、分散データベースの利点に関する認識は広まっているし、とりあえずたくさんの人がスケーラビリティに興味を持ってきはじめているという印象をもちました。

あと、関係ないけどScala使ってみようと思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.