facebook

17 Jul

ふと気になって、facebookを使ってみた。
何人か知り合いがいて、いろいろ使ってみることができた。想像してたよりもだいぶ面白かった。
一応書いておくと、facebookはアメリカで普及しているmixiみたいなもの。MySpaceが1位で、facebookは2位(ユーザー数かアクセス数かは忘れました)。
MySpaceが中学生や高校生向けっぽいのに対して、facebookは大学生以上向けという感じっぽい。
全大学生の85%が使っているとか、ある大学では学生の96%が入っているとか、日本におけるmixiよりもさらに普及率が高そうな印象。

■見やすさ
すごく見やすい。ページの配色や情報の配置がうまい。
“News Feed”という画面があって、ここに「友達」の行動記録がタイムラインに沿って表示される。
「○○さんが写真をアップしました。」だとか、「○○さんが連絡先情報を変更しました」とか。
しかも、写真をアップしたという情報のすぐしたには、そのアルバムの中から数枚が小さなサムネイル付きで表示される。
情報の表示法としてすばらしいと思うし、見た目もいい。

■操作性
まずサーバーのレスポンスがすごく速い。日本からアメリカのSNSにアクセスしているというのに。
アジア地域向けにちゃんとキャッシュサーバーを置いているんじゃないかと思うくらい。
Googleで「次へ」ボタンを押したときの反応速度と、mixiでボタンを押したときの反応速度がぜんぜん違うのをイメージすればいいと思う。
facebookのレスポンスはGoogleのそれに近い。日本やアジア地域ではサービスを提供してないのに。

Ajaxの使い方がすごく上手いと思う。かっこよく表示するためにAjaxを使っているというより、使い勝手に直結するレスポンスを改善するのに上手く役立てている。

■拡張性
mixiの「レビュー」や「フォト」みたいな埋め込みの機能を、自分で追加することができる。
これらの機能(”Application”)はボタン1発で追加/削除することができる。現時点で1796個も用意されている。
Twitterをfacebookに埋め込んだりとか、自分の気分を表示できる機能を追加したりとか・・・SNSを自由に拡張できる。

それとは別に、ツール類も色々ある。例えばiPhotoのアルバムから数回クリックするだけでfacebookのアルバムにインポートできる。

以上簡単に使ってみた感想。簡単にしか使ってみていないから、悪い点があまりみえなかった可能性はあり得る。

facebookを使っていて一番印象的だったのは、日本のSNSと比べて技術的に格段に複雑なものだということ。SNSというと、「構造はすごく単純で、技術的に問題になるのは負荷分散だけ」という印象がある。facebookもすごく難易度の高い技術を使っているというわけではなさそうだけれど、でもユーザーによる機能の拡張性や外部アプリケーションから使用させるための認証など、データを保存して出しているだけのアプリとはだいぶ別物であるように思えた。

残念ながら(本当に残念だと思う)、友達の多くはmixiをつかっている。なので、facebookをメインで使うとぼくが勝手に決めてもどうにもならないので、いま移行することはできない。
でも気に入っているので、もし誰かfacebookのアカウントもっているよ!という人がいたら、ぜひ”Tsutomu Ohkura”で検索して追加してください。よろしくお願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.