宅配DVD

6 Dec

映画とかを見るために、DVDを時たま借りるけど、とにかく返すのがめんどくさい。借りる時は楽しいし、好きなタイミングで店舗に行ける。でも返すときは期限がある。

返す手間を省ける宅配DVDというのがあるのは知っていたけど、「どうせ映画マニアの人たちのためのものだろう。そんなに頻繁には見ないし。」と思いこんでいて、ろくに調べもしていなかった。ところがちょっと前に、ふつうに便利だという話を聞いた。

週末にTwenty Fourを見たいと思って、それを借りるためにTsutaya Discasを申し込んでみた。昨日無事に第1話と第2話が届いて、無事に見ることができた。他のサービスもたぶん似たようなものだろうが、ネットで注文すると数日でDVDが送られてくる。そして好きなときに準備されている返信用封筒に入れてポストに放り込む。

個人的に宅配DVDのいいところだと思うのは
・タイトルをキーワード検索できる。店頭でもできるけど、気軽さが違う。
・借りる際の時間/場所の制約がない。
・返せる場所が多い。レンタルショップのポストではなく、全国の郵便ポスト。
・借りる期限がない。

よくないところだと思うのは
・すぐには借りられない。思い立って借りてすぐ見ることはできない。
・見るDVDが少ない月でもお金を取られる。

自分の場合、場所/時間の制約がないことはとてもありがたい。また、期限がないというのも「見ようと思っていた時間に別の予定が入ってしまった・・・」というありがちな状況ではとてもうれしい。同じような状況の人は全国にたくさんいるだろうから、きっと宅配DVDは普及していくだろう。

便利だといったあとではナンだが、正直なところ、DVDやCDの宅配というのは異様に思えて仕方がない。映画や音楽なんてものは媒体ではなくデータであって、通信回線ではなくトラックで送るというのは異様だ。しかも注文はインターネットでしているのに。

インターネットが商用で使われ始めた当初から映画の配信という話はあるのに、まだ実用的といえるようなサービスはない。インターネットの適切な使い方ができるまでにはまだ時間を要するようだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.