サークルオリ@津田

11 Apr

以前、(4/7,8)にあったサークルオリエンテーションの津田塾バージョン。

新入生の対応が、うちの学校の人の100倍くらいよい。
ビラをもらってくれないような人はほとんどいないし、説明も結構聞いてくれる。
「あなた方、それで本当に東京で生きていけますか?」
とか言いたいような気もするけど。

で、はじめのほうは元気に説明してたけど、だんだんと疲れてくる&人数が少ないのであっちこっちに既に説明した人がいる。→さらに疲れて、記憶もあいまいになってきて、既に座って詳しく説明した人に「バトミントン興味ありますか?」とか聞いたりしてたし。

なんだかんだいて、1日中走り回って疲れた~。ちょっとでもぼくの説明の効果があればいいんだけど・・・。

おまけ ~津田の生協食堂の味~
大学の生協では関東一(日本一?)おいしいといわれる津田の食堂。さて、その出来は?というわけで、いろいろ食べてみました。

カレーは甘口。決して「おいしい」カレーではないけど、他の(特にうちの学校の)生協のカレーは2度と口にしたくないような代物なので、「はるかにおいしい」といえよう。
カツカレーのカツも、冷めてはいたけど揚げた感触は残っていた。どっかの(うちの)大学のふやけた天ぷらとは違うらしい。
鳥の唐揚は、冷たくはなかったけどアツアツではなかった。サイズが大きくて食べにくかった。半分にして2つで70円とかにすればいいのに。
フライドポテトは、おいしそうだと思って大きいサイズを買ったのに、ひどい出来だった。比較的太めに揚げてあったけど、中身がコロッケの中身みたいな食感だった。コロッケはコロッケで好きだけど、こういうのはやです。
うどんは関西風。関西風の汁だと、関東風のもの以上に麺の食感が重要になるけど、これがなかなかよい。下手な立ち食いそばのうどんよりもいい。関西味が好きなぼくとしては、絶賛したい感じ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.