スペルチェックの仕組みを読んでいて

2 Oct

英語の本でスペルチェックの仕組みを読んでいる。

英語がぜんぜん読めない。
しかし、ここには、まさにそういう場合にどうすればいいかが書いてあるわけだ。

noisy channel modelで考える
・書いてある英文が送信源
・英文をぼくが読み取るフェーズが、noisy channel
・そのあと何らかの訂正を施し、本来の意味を推定すればよい(decode)

訂正の方法
・現実にありえる展開と出現確率を事前計算しておき、最も実現確率の高いものを選ぶ

ありえる展開の事前計算の方法
・日本語文献で書いてありそうな内容を読んでおく

なんだ。そうすればいいのか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.