開かずの踏切

28 Sep

一昔前に話題になった「開かずの踏切」を体験してきました。
もちろん、これを体験しにわざわざいったわけではないです。

まつ。電車が通り過ぎる。
開かない。
まつ。電車が通り過ぎる。
開かない。
・・・3分くらい経って、おじさんが去っていく。
まだ開かない。
まつ。電車が通り過ぎる。
まだ開かない。
・・・反対側で、おばちゃんが歩道橋をのぼりはじめる。
まだ開かない。
まつ。電車が通り過ぎる。
まだ開かない。
まつ。電車が通り過ぎる。
まだ開かない。
「開かずの踏切を待つ」という使命感に燃えていたぼくもついにあきらめ歩道橋へ向かう。
まだ開かない。
歩道橋を渡る。階段しかない歩道橋に自転車を持って登っている人がいる。
まだ開かない。
歩道橋から降りる。
まだ開かない。
反対側で目的地であるモスバーガーに行く。
まだ開かない。
モスバーガーが数日前に閉店との告知を見て落胆する。
まだ開かない。
マックへ移動する。
まだ開かない。
マックで我慢するか、メニューを見て検討する。
まだ開かない。
マックで朝ご飯はやはりうれしくないと判断。
まだ開かない。
ぼくも1つおりこうさんになったので、踏切を待たずに歩道橋を登る。
まだ開かない。
歩道橋を渡る。
まだ開かない。
歩道橋を降りる。
!!!!!!!!開いた!!!!!!!!
と思ったら、遮断棒がまだ上がっている途中にもう警報機の音が鳴り出した・・・。
警報機が鳴る前に、踏切に足を踏み入れられた人が何人いたのか。

周辺住民がキレるのも当然・・・。てか、話題から消えてるのがおかしい。
足の弱い老人や、自転車に乗っている人や、重い荷物を持っている人。いったい何分まてばいいんだ?しかも3車線ある中央線の踏切を、いったい何秒でわたればいいんだ?

JRはいったい何を考えているんだろう?
それとも、工事を認可した自治体の責任か?

とにかくおわってました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.