今回の選挙

3 Sep

郵政民営化の是非を問うといっているけど、衆議院議員の任期は4年。ということは、郵政民営化に賛成=自民党を4年間信任する。ことになる。さらに、小泉首相の自民党総裁の任期はあと1年ほどで切れる。すなわち、郵政民営化に賛成することは、ポスト小泉の誰かを信任することになる。

郵政民営化を問う選挙なら、郵政民営化法案の結果が出たらもう一度「郵政民営化以外」の国民の真意を問う選挙が必要=郵政法案の採決後に再度解散というのが筋だろう。

でも、小泉首相は郵政法案採決後の解散など全く考えていないようだ。いまの形では、「郵政民営化法案」にYES/NOを問われているのではなく、「郵政民営化が今後4年の中で最大の問題であることに同意し、かつ郵政民営化に賛成」にたいしてYES/NOを問われているのが現状。

さて。じゃぁ、小泉は国民をバカにしすぎだから、倒してもらうべく民主党に投票すればいいかというと、そう単純でもない。岡田さんが党首のまま民主党が勝ったとしても、たぶん政権運営に失敗する。その結果、やっぱ自民党じゃなきゃダメだという風潮になってしまう。

今回は、民主党が負けて、岡田代表交代。菅さんあたりが代表になって、次回の選挙で民主党が躍進というのがよさげかな。今回は小泉首相を信任して、自民党の一部基盤を破壊するというのが、いい道なのか?

うーん・・・そろそろ選挙システムの改善案がないものかな。

Leave a Reply

Your email address will not be published.