アビエーター

7 Apr

映画を見てきました。前回見に行ったのはCPU実験の前くらいかな?

微妙に精神病の実業家が、いろいろ技術的な夢を実現させていくお話。お話というか・・・実話。
でも、自分が「これがあったらいいなぁー」って思う物に、自分のもてるリソースをじゃんじゃんつぎ込んでしまうっていう姿勢は、なんか親近感が沸く。

精神病が困難一般を描写していると考えるのもありだが、それとは別に飛行機の失敗や政治問題などの困難もあるので、精神病を自分の内面的こんなんととらえるのが妥当だろうか。

個人的には、見ておいて損はないと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.