A happy new year 2005!

31 Dec

あけましておめでとうございます。
大掃除に疲れてふと寝てしまって、知らぬ間に2005年になってしまいました。

この日記を読んでくれている人の多くは内輪の・・・すなわち、ぼくが普段お世話になっている方々でしょう。比較的充実した1年を送れたのはそういった方々のおかげに他なりません。本当にありがとうございます。

以下去年の総括と来る1年に向けて。長々と続く(笑

まずは1年を振り返って。

1~3月頃は、結構遊んでいたと思う。色恋沙汰(いいものとは限らない 笑)とかもいろいろあった。

4月に学校に入ってからは、衝撃を多く受けた。これまで、コンピュータ関係で同年代の人に「全体的に負けた」ことはあまりなかった。いてもせいぜい同等(こっちは向こうのほうが上、程度) でも、今の学科にはその時のぼくを明らかに超えた人たちがいた。そういう意味衝撃。

6月初旬に参加したICFPプログラミングコンテスト(72時間耐久!)と7月初旬のICPCプログラミングコンテストの際は、他人との共同作業の中で、いかに自分がこの方面に無知であるかを痛感させられた。そして、「課題を適当にこなす+αでやっていけば何とかなる」ような世界ではなく、自分で積極的にいろいろと学ばなくてはやっていけないと思った。

8月にはオセロコンテストを開催した。結果はそこまで好ましいものではなかったけど、プログラミングのやりかたを学ぶという意味では大きかった。これまで長い間「まぁ簡単な文法くらいは知っているかなぁ?」といったプログラミング言語でプログラムを書いていたが、それではいけないと思い、C++を必死で勉強した。そして、情報取得元としての本の重要性を認識した。

8月後半から10月はじめにかけても、いろいろと学んだ。1学期の試験がいくつかあり、「学問分野は、ある程度学んではじめて面白く感じられる」の法則にしたがって興味が広がった。その関係で本を読んだりとか。(試験直前に勉強するから、興味が広がっていくのが試験後というのがなんとも悲しいが 笑)

10月からはCPU実験。グループでプロセッサとコンパイラというある意味コンピュータシステム一式を構成するというもの。班長なのはいいのだが、過去にこれほど他人の生活にまで影響を与える立場にあったことはあまりないので、作業の分担や大きな判断の際などにはやはりちょっと怖い。でもまぁ将来は比べ物にならない判断がたくさん待っているだろうから、こんなのでごちゃごちゃ言っていたらどうにもならないのだろうが。

そして、来る1年に向けて。

去年後半からの生活スタイルはコンピュータ中心の生活。これまで「趣味の中心がコンピュータ」だったのが「生活の中心がコンピュータ関連」に変わった。週1日の「ゆとりの時間」をとるようにしているが、叶わないこともしばしば。ゆとりはちゃんととろう。

学ぶことに関しては、範囲を広げる余地などないほど既に学びたい対象が多い。取捨選択しなければやっていけないということは分かっているのだが。

人間関係については、満たされていたといえばそうだが、もうちょっと(数として)多くの人と時間を共有してもいいと思う。

他は今年と同じ感じでいいのかな?たくさん思い描くより、妥当な線のことをちゃんとやっていこうと思う。

そんな感じでしょうか。
では、願わくばこれを読んでいる皆様と共によい1年をすごせることを。

Leave a Reply

Your email address will not be published.