Neothecd

22 Sep

さて。とりあえず試験が終わったので、オセロ50万棋譜プロジェクト。死ぬほどたくさんのCPUを使って、オセロの優秀な棋譜を作ろうというわけである。
しかし・・・そこら辺のWindowsパソコンと違い、これらのコンピュータでソフトを走らせるには、SolarisとかいうUNIXOSにソフトを移植しなきゃいけない。

が・・・othellod(サーバー)はとりあえずあって、vsOtha(by H)とThell(by F)は既にクライアントができている。そして、Oxelon(by U)は移植作業で悲鳴を上げている。
Neothecは・・・ぼくが「今日はたぶん頭働かないから、明日から移植」といいながらDirectXのSDKとかをいじっていたため、移植には手をつけられていない。

othellodのバグがなくなって、vsOthaとThellによる棋譜生成が開始。おぉ!面白そう!!

こうしちゃおれん!と移植作業を開始。
 #pragma onceを、インクルードガードに置き換え
 ファイル名の大文字小文字を調整
 _forceinlineキーワードををinlineに変更
 boost.randomがコンパイルできないようなので変更
お?けっこうすぐに動いたぞ。Oxelonのように、C++の高度なテクニックが使われていないおかげか?

ま、とりあえず移植完了。しかし、まともな学習データをSolaris用にも用意しなきゃ・・・。ま、とりあえず参加は来週からで。

Leave a Reply

Your email address will not be published.