統計・・・

3 Sep

夏休みの特別講義の統計の試験だった。

 1日目:すっかり忘れてTさんの家にいたため当然の如く欠席
 2日目:面白くないので提出締め切りの離散数学をやってた
 3日目:午前は必要ないと悟ったので午後の1時間の実習のみ
 4日目:午前中はバイト。午後の1時間の実習のみ出席

と、なんとも特別感あふれる感じ(?)だったわけですが、かなり難問でした。(いや、きっと本当は簡単なんだろう)

問題文「最長距離法を用いよ」
なるほど。何か分からないけど、持ち込み資料を見れば書いてあるはず。
持ち込み資料「最長距離法:」
おぉ!すばらしい。
・・・。
2つの円。そしてその間に直線。そしてその直線に説明。
「最長」

・・・・。ん・・・?
説明になってないですぞ?
上の最短距離方の説明は同じ図で「最長」が「最短」になっているだけですぞ?

この何でも書いてあるフェイクの資料と、一般の高校生にも劣る驚異的積分能力によって、統計の試験は超難問と化したのでした。

だって、積分とかできないし。最近集合論とか論理学とかそういうのばっかりで、応用数学全然やってないじゃん!久しく実数見てないじゃん!

Leave a Reply

Your email address will not be published.