CPU実験の班決め

23 Jul

CPU実験の班決めに関する最初のメールを送りました。

isのメーリングリストに流すのに加え、ホワイトボードに張っておきますが、ここにも文面を貼付けておきます。下の方の「続き」参照。
少しでも見るチャンスを増やしたいので。

※だからといって、ここに毎回貼付ける保証はありません。そもそもこの日記はリアルタイム性が低いので。

重要なことは、「決め方に関する意見は27日まで。」

「不満があってもそれは自分の責任」という表記は、ちょっときつい書き方かもしれないし、当たり前だから書かなくてもよかったんけど、不満を持った後で言われるより100倍マシだろうということではっきり書いておきました。

メール内容
————

CPU実験決めについては、ぼくからのメールは全てjunior宛てに送ることにします。基本的にはどのメールも4日くらいの猶予を持たせたものにする予定ですが、家に転送する設定をするなり学校にいる時は必ず見るなり、ちゃんと見られるようにしておくことを強くお勧めします。
あと、スパムフィルタリングとして@is以外からのメールを弾いている場合は、
tsutomu.ohkura atmark nifty.com
t-ohkura atmark futurer.net
の2つを除外しておいてくれると助かります。家からだと@isアドレスで送れないので。

さて、決め方ですが、こんなのはいかがでしょう?

1.班長が数人立候補して、自分の班を宣伝
2.全員が自分の希望(やりたい分担、作りたいもの、どれくらいがんばるか)などを簡単にメモにする。
3.班長がメモを見ながら順にとっていく。(ドラフト会議)

という感じです。これに関して少し説明を。
自分の希望を確実に通すためには、班長になることです。仕事、一緒にやりたい人、などを他人に勝手に決められないためには自分が班長であれば問題ありません。

・班長がたくさんいすぎた場合、ドラフト会議の時に、2人の班長で1つの班(つまりどっちかは班長を辞める)にする。
・班長が少なかった場合、ドラフト会議の結果、班長がいない班ができる。その班の人は、後で適当に班長を決めてもらう。
・自分が希望してない班になったという人がいた場合、それは班長にならなかった本人の責任。
・ドラフト会議はたぶん非公開。(公開でやられている状況を想像してみれば明らかだと思われる)

「班長にはなりたくないが、自分の希望は全て必ず通したい」という人の願いは叶えられませんが、そんなわがままが集団において通用するはずないので、仕方ないでしょう。ある程度の希望は、ドラフト会議で自分の班の班員を決めるときに班長が勘案されるはず。

と、いう方法ですが、いかがでしょう?
これよりもっといい方法がある。とか、ここをこう変えた方がいいとか、そういった意見があれば7/27までにメールをください。BBSでもいいです。

では。

(注意)これは、CPU実験の班を決める公式のものではないので、CPU実験を一人でやりたいとか、こういった形で決めてほしくないといった人に何かを強制するものではありません。
(が、まぁそこらへんは常識的に・・・という感じですが)

Leave a Reply

Your email address will not be published.