Easy to program OS

21 Jul

OSの試験中に、プログラミングがしやすいOSというものについて考えてみた。こんなのはどうだろう。

パフォーマンスは無視。パフォーマンスを考えるといろいろな最適化やらオプションの指定やらが必要になってくる。ので、プログラミングはめんどい。低速でも問題ないもの(たとえば、通常のパソコンで1ミリ秒かかる計算が1秒かかったとしても問題ないだろう)も多い。それより、その処理をするプログラムを一瞬で書けることが望まれる場合もあるだろう。

エラー処理機構は全てOS側。エラー処理を書くのはめんどくさい。ので、エラーが起きたらそのプログラムは停止し、OSによってエラーメッセージが表示される。ただし、プログラムの動作はAtomic(すなわちAll or Nothing)で、プログラムの途中で停止したらプログラム実行前の環境が完全に再現される。

これらによって、非常に簡単な仕様で、やりたい作業のみをプログラムとしてかくだけで動作する。というOSが実現できるのではなかろうか?

もちろん、汎用ではない。が、決してだれも望んでいないものではないと思うが。

Leave a Reply

Your email address will not be published.