ICFP3日目

7 Jun
20040619-IMG_0963.JPG

眠い日だった。でも、ラストスパート。
200回くらいログインするために、パスワードを打ちまくった。

ここには、その他もろもろのこととかを書いてみます。

事の発端は、ML演習(OCamlなるプログラミング言語の演習)の授業の最後の課題としていくつかの選択肢があって、そのうちのひとつがICFPコンテストへの参加だった。
コンテストの話を聞いたとき、「世界中の関数型プログラミング言語の研究者とかが参加して、プログラミング言語を競う」大会だと聞いたので、関数型言語が苦手な僕は「でるわけない」と思った。

が、その後問題がなかなか面白そうだということと「関数型プログラミング言語じゃない言語で出てもいい」というのと、それからなにより文化祭の模擬店みたいにイベントっぽくて面白そうだと思った。

ので、クラスメーリスで出る人を募集したら結構集まって、結局11人で出ることに。

—————————

事前に何度か集まったり、練習も2回やって、それでいろいろといいアイディアが出たりした。
主なもので記憶にあるのは
・トリプルプログラミング
3人がグループになって、72時間常にグループのうち2人は活動。そして、2人は同じ作業を。すなわち、72時間働けてかつ間違いを犯さない人間というものを仮想的に生み出す。

・デバッグ班の存在
仕様を決めたり、班の間の調整をしたり、出来上がったモジュールのテストをしたりすること専門のグループを設ける。

・Eclipse,CVS,Wikiの採用
・バグトラッキングシステムをタスク管理にしよう

とかかな?

Leave a Reply

Your email address will not be published.