iTunesの共有機能

15 May

しばらく、パソコンに自分のCDのMP3(@WP.ja)をためるほどの容量がなかったから、パソコンでMP3っていうのにはほとんど興味がなかったんだけど、ふと気が付けば自分の持っているCDくらいは十分取り込める状況なので、取り込んでみた。
せっかくだからiPod(@WP.ja)の促販ツールという評判のiTunes(@WP.ja)で行きましょう。

CDを入れてるだけで、曲名とかが全部表示されて、ボタンを押すだけで全部取り込んで、ライブラリに追加されて、歌手やアルバム名で索引できるようになる。まぁ、あたりまえ。

それに加え、家庭内共有ができる。以前、共有機能がつきました+すぐ消されましたというニュースを見た気がしたから、共有機能はなくなったんだと思ってたけど、それは「インターネットを介しての」だけであって、LAN(@WP.ja)内はOKだった。
というわけで、メインパソコンのライブラリをノーパソとかから聞けるようにしてみた。
すばらしい。自分の持ってるCD(まだ全部は取り込んでないけど;)の曲なら家中どこでもワンタッチで聞ける。

どうしてこんな便利なものをいままでムシしてたんだろう?

これのせいで、ムダにノーパソを立ち上げる事が増えた。
iTunesはMac版とWindows版しかないから、
 Linuxのノーパソで作業
 その横にMacのノーパソで音楽を流す
 メインパソコン(デスクトップ)は音楽を配信するためだけに起動
書いていて、電力のムダ使いな気もしてきた・・・;

Leave a Reply

Your email address will not be published.