パソコンの選び方

9 Mar

そろそろうちのおんぼろパソコンを使い続けるのがつらくなってきたので、
パソコンを新しくしよう考えて、調べたことや聞いたこと。
やっぱり開発環境は重い。

バイト先で、教えてくれまくったNさん、ありがとうございました。
日記というより、メモ。

「ま、とりあえず今がPen3 500MHzなら、目から鱗どころか、目玉飛び出るくらいの速度だと思う」とのコメント。

安定性と値段を考慮すれば絶対Pentium4。3GHzあたりがコストパフォーマンスが最良。

HDD接続方式で、SerialATAは最高速度が150Mb/s UltraATAは100-130Mb/s。すなわち、SerialATAのほうが速い。名前からじゃ分からん。
あと、SerialATAはHDDを4台直列できる。

Pentium4で、周波数の後にCがついているのは、HT(HyperThreading)対応の証。Eがついているのは、ExtremeEdition。HTの効果は約30%くらい。

基本的に、Athlon64はマザーボードとの相性問題が激しい。ショップブランドパソコンとかなら動作してるから大丈夫だが。

Fedora Coreも64bit版がでて、有名どころのLinuxディストリビューションは、だいたい64bit対応をはじめた感じ。

64bit WinXPでは.NetFrameworkが64bitで動かないと言うのは、64bitで動かないだけで、32bitモードでは動作する。

使用電力。CPUは80-100Wくらい、あとHDDやCDドライブとかは60Wくらい。グラフィックボードは80Wくらい食う。

フルタワーより、ミニタワーの方が、静音性が高いことが多い。

最近は、CPUの速度向上が遅いので、今の最新CPU(3GHz)は2年くらい経っても”最新に近いCPU”でいられるだろう。グラフィックボードはそうはいかない。

同じ性能なら、Pentium4(with HT)のほうがAthlon64より1万円くらい安い。

まぁ、結局、まじめに普通に使うならPentium4 3.0あたりで。64bitシステムで遊びたいなら、Athlon64もいいかも。でも相性問題は気をつけて。とのこと。

64bitシステム上で、32bitモードとのやりくりとか、おもしろそうだからAthlon64かな。やっぱ。予算8万円くらいでなんとかなりそうかな。

Leave a Reply

Your email address will not be published.