Subversionについて調べてみた

24 Feb

昨日みつけた、Subversionについていろいろ調べてみた。

分かったことは、WebDAV(ネットを介したファイル共有)を利用するために、Apache2が必要ということ。

一番気になる、自動バージョン管理だけど、期待どおりのものらしい
Because so many operating systems already have integrated WebDAV abilities, the use-case for this feature borders on fantastical: imagine an office of ordinary users running Microsoft Windows or Mac OS. Each computer “mounts” the Subversion repository, which appears to be an ordinary network share. They use the server as they always do: open files from the server, edit them, and save them back to the server. But in this fantasy, the server is automatically versioning everything. Later on, a sysadmin can use a Subversion client to search and retrieve all older versions.
だそうだ。つまり、普通に共有フォルダの中身を上書きすれば、自動的にバージョニング(ファイルの変更点を保管)してくれる。

すばらしい!!!
と、思ったのも束の間、この機能をきちんと使うには、mod_dav_lockというApacheのモジュールが必要で、それはApache2.1以降に入っているらしい。そして、そのApache2.1は、まだ開発中・・・。
なんとかこのモジュールだけインストールできないものか・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published.