ぬりかべ進行中・・・

15 Feb

2人ゼロ和ゲーム、というよりむしろ2人によるゲームではないので、探索にAlphaBeta法のような高速化手法が使えない。

ある局面があって、そこからでは答えに絶対たどり着けないという判断をいかに早い段階で行うことができるかが問題か?
これは、探索局面を減らすほうのアプローチ。

あとは、シマの面積を求めたり、ルールを適用したりするアルゴリズムを高速化する方のアプローチ。こちらはある程度改善の余地がありそう。ダイナミックプログラミングかな?

それから、答えを1つでも見つければいいという条件で実行する場合には解答となる局面をできるだけ先に探索したい。これには、HistoryHeuristicあたりが役立ちそうかな?

ま、そんな感じ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.