読みやすさ判定

13 Jan

渋谷からの帰り道で友達と話してて、Googleのヒット数を当てるとかいうゲームの話がでた。
で、そのあとの帰り道で思いついたもの。

文書中のすべての単語を検索してみて、そのヒット数を適当に処理すれば、文書の読みやすさを定量的に判断できるんじゃないかと。
よく使われる単語の比率が高い→読みやすい
というわけ。
当然、文章内容を評価するものではないから本当の意味では読みやすさの判断はできないけれど、たとえば外国の人に読みやすいかどうかとかの判断には結構有用だと思うのだが。

Leave a Reply

Your email address will not be published.