WPC EXPO

19 Sep

朝、T中さんの家で比較的早く(9時)に起きて、幕張へ。World PC Expoへ行ってきました。
今回の展示会でのマイブームは、3D ディスプレイでしょう。
3Dディスプレイとは名前の通り、3次元のものが3次元に見えるディスプレイ。専用メガネなしで。
シャープとNECがシャープ製3D液晶を使ったノートパソコンを展示。(シャープのはもうすぐ発売)
確かに、結構きれいに見える。約1年前に発表されて、よく1年でノーパソまで実用化したなという感じ。
携帯にはずいぶん前から搭載してたけど。
あとは、東芝による、新しい方式の3Dディスプレイ。
通常、3Dディスプレイは、右目に見える画像と左目に見える画像の2種類を作っておいて、右目には右目用の画像、左目には左目用の画像の光が届くように表示する。
ところが、東芝製のは、左右2種類の画像じゃなくて、32方向からの画像を表示している。
だから、画面の比較的横の方からみると、表示されている物体の横が見える。
すごい。でも、画面の解像度が1/32になっちゃうから、大分荒く見えるけど。

Leave a Reply

Your email address will not be published.