スペースシャトルが空中分解した

2 Feb

昨夜、スペースシャトルが空中分解した。着陸嵐闔檮?5分前にテキサス州上空で分解、燃えた。テレビでは炎上するシャトルの映像が繰り返し放映された。

なんか、すごいショックだった。7人の乗組員が亡くなったというだけではないショックだった。何千人という優秀な技術者が努力しているというのに、それが大惨事を防げなかった。なんか、人間がそこまでの存在だって気がしたのかもしれないし、ある意味で科学技術の象徴みないなものを壊されたから科学の可能性を信じる者としてショックだったのかもしれない。

今後、原因究明が行われていって、きっと何らかの形での「人災」であることが明かになるだろう。ほとんどの運行がコンピュータによる管理であるスペースシャトルがほんの僅かな人間管理の局面を狙って事故を起こしている気がする。

そんなに、人間<コンピュータなのか? コンピュータの可能性を人一倍信じるぼくでも、やっぱりちょっと悲しい。 爆発したとき、20000kmph,高度60000mだそうだ。乗組員が、自分の力では何もできない状況。さぞかし、くやしい思いをしたことだろう。 科学の可能性を信じていた、亡くなった7人の乗組員の人達の冥福を祈ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.